Bassin' Episode

関東でバスフィッシングしてます。

東レ "NEW" SUPERHARD POLYAMIDE Plus+

 

f:id:junebugffff00:20160217061103p:plain

 

○黄金色に輝く美しいナイロンライン

ジブンの愛用しているライン、東レの"スーパーハード・ポリアミド プラス"。(長いよ!)

150m巻のナイロンライン。それは、黄金色(正確にはウォーターメロン...)に輝く。

 

 

■IMPRESSION

いわゆるフロロ・フィールの固めのナイロン。SUNLINEの"マシンガンキャスト"に似た感じだと思う。マシンガンキャストより表面耐性(キャストの繰り返しでザラザラになる)は高いような気がする。根擦れも耐久性も特に不満は感じない。

 

◎伸度、硬さ

程良く伸び、ハリコシも割と強めです。16lb以上の太号数でも程良くしなやかなので、扱い易いです。糸クセはこの手の硬い低伸度ラインを謳っているものと同等にまあそれなりに付きますが、フロロよりは当然マシです。キャストしているうちに自然とまっすぐになってくれます。

 

主にクランキング&ミノーイング、ワイヤーベイトなどに使っています。トップでも良いが、"ソラローム2 スーパーストロング"などの浮きやすく、柔らかいラインを使ったりもします。

グラス系ロッドの場合だと伸びる柔らかいラインだとちょっとフッキングが不安だったり、アクションがルアーに届き難かったりするときはむしろこのラインの方が良かったりします。

特に気に入ってる点は何と言ってもカラーです。透明のラインはカッコよくないからあまり好きでないのでこの美しいゴールドカラーがツボ。それとフロロとの区別が一目瞭然!なのも助かる。

 

◎耐摩耗性、強度

これはそこそこ強い方だと思います。少し濁ったタイプのラインで、耐摩耗性や超低伸度のがありますが、そのようなタイプは確かにこれより強いのですが、ジブンの感想だと劣化が早く少し傷が入るとプッツリ切れてしまう印象ですが、このラインはそういったことは感じたことはありませんし耐久性も申し分なし。

 

■WEAK POINT

この手の伸びにくい硬い系ナイロンに共通する点なのですが、使用していくうちにライン表面のコーティングが摩耗していき、ザラ感が出てきます。

何回でとは言えませんが、数回、へたすれば1回で出てきます。マシンガンキャストと同じくらいな感じですかね。むしろ安いナイロンや伸びるタイプのナイロンラインだとコーティングが無い分、水をより吸いやすいのでリトリーブが滑らかに感じます。ただしこれは裏返すと劣化が早いということなので好みによりけりですね。

 

ジブンはトップウォーターや硬いロッドだと安い伸びるナイロンにしたり、岩場やラインを細くしたい時、感度が欲しいとき、柔らかいロッドの場合など雰囲気で使い分けていますσ(^_^;

 

そういえばマシンガンキャストは2017年頃リニューアルされてコーティングが強くなったみたいですね! 一度使ってみたいのですが、どうも色が苦手で手を出せずにいます。

好きな並木さんプロデュースなのでもどかしいところです ( ̄~ ̄ 

 

*そんな愛用ラインがリニューアル! お値段¥100UPで新登場!ww 原材料の関係ですかね... 只、ニューバージョンには解りやすい75mのマーキングが入りました。とてもありがたいことです。こっちのミスによるコストは減るかもです。

 

■LINE INFO

f:id:junebugffff00:20160218052558j:plain

 

 

 

 

 

f:id:junebugffff00:20160217070446p:plain

 

 ■Calcutta Conquest 51(カルコン)とはグッド・マッチング。

 

 

 

 

 ●詳細(TORAY HP)

 

 

 

shop